基になるメロディー 第1変奏 第2変奏 終止部
(ここは第三楽章です)

第1変奏

<テーマ1 第1変奏>

第1ヴァイオリンが<テーマ1>の1回目変奏を行います。
これは、<テーマ1>のメロディーを
基にして他の音を追加しているだけなので、変奏前の<テーマ1>のメロディーと比較しながら聴いてみてください。きっと、<テーマ1>のメロディーが聴こえてくると思います。




再び、木管楽器による間奏があります。



<テーマ2 第1変奏>

先程、弦楽器が<テーマ2>を奏でていましたが、この変奏で今度は木管楽器が奏でています。
この変奏はただ単に奏でる楽器が変わっただけですが、かなりの雰囲気の違いが感じら
れると思います。




次に、<テーマ1>のメロディーを木管楽器が奏でて、その下で弦楽器のピチカート(指で弦を弾く奏法)が、ピンピン、ペンペン、ポンポン、ボンボンと聴こえてきます。そして、次の楽譜のようなホルンのソロがきっかけとなり、<テーマ1>の第2変奏へと進みます。                    …次の楽譜参照





戻るページ 第三楽章の頭 基のなるメロディー


次のページへ

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー