話し合い 呼びかけ マーチ 語りかけ 歓喜 感謝
(ここは第四楽章です)

感謝の部

またテンポが変わり、独唱が登場します。

それを受けて合唱も歌いだします。

そのうち、少しの間ですが、独唱の四重唱が重々しく登場します。
これが終わると、次のような単純なメロディーによって、堰を切ったように大音響となります。

…次の楽譜参照





そして、合唱とオーケストラ全員によって、神様への感謝を表しながら「第九」終結に向かって突き進みます。

テンポを様々に変えながら合唱が終わると、オーケストラ全員による大音響で、「歓喜の歌」のメロディーを使いながら華やかに曲を閉じます。



戻るページ 歓喜の部


エピローグ

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー