ポチのプロフィール

管理人の名前 ポチ(サイトの企画、運営などを担当)
サブ管理人の名前 シロ(ポチはPCにあまり詳しくないのでポチが苦手な分野を担当)
名前の由来 二つの説があります
1. 「やせっぽち」のぽちから
  …身長と体重は秘密です
2. 顔が犬(チワワ)に似ているというところから
  …ちなみにポチは戌年です
性 別 男(♂)
生まれた年 1970年(昭和45年)
住 所 東京都品川区のどっか
趣 味 1. ヴァイオリン
中学1年の時から100%独学でやっています。とにかく好きで始めたので、完全に趣味の範囲内。

2. 音楽鑑賞
本命はクラシック音楽。でも、音楽なら何でも好きです。楽譜があれば何でも弾きます。(実力の範囲内で)

3. ドライブ・旅行
暇と金があって疲れがなければ、ドライブor旅行を企画します。今まで一番遠くの旅行は、兵庫県かな…

4. BBQ
沢山の人と楽しく賑やかにやるのが好きです。
サイトを開くきっかけ
もっと詳しく
「第九」を好きになったのは、中2の頃。

時が過ぎ、ポチが専門学校生の頃、ポチが親友と年末イベントの「第九」を聴きに行っているのを見て、ポチの両親と弟が生第九を聴いてみたいというのでチケットを購入。

ところが、全曲を聴きこなせないとの指摘があり、急きょ簡単なコツをポチなりに教えたところ大好評。そのコツをそのまま捨ててしまうのはもったいなく、それにかなりの肉付けをして、1年ぐらいかけて一冊の本にしてしまいました。

ところがその本は、単にポチの記録でしかなく、本棚の奥にずーっとしまわれていました。

2002年8月頃、その本と久し振りに涙の対面。ちょうどパソコンを購入した直後ということもあり、この機会にこの本を沢山の人に見てもらおうということで、HP立ち上げを企画。約半年の期間を経て、当サイトが誕生したのでありました。
ヴァイオリンをサイトにUPしたきっかけ 当サイト『第九交響曲の楽しみ方』を立ち上げた時は、プロフィールに「趣味:独学ヴァイオリン」という言葉はあったものの、今のように曲UPは全くしていませんでした。
ヴァイオリンは家族と友達、それと隣近所の方だけが知っていただけで、始めた当初からずっと家の中だけで練習してきたかなり寂しく孤独なものでした。

ところが、その「趣味:独学ヴァイオリン」で少しずつヴァイオリン仲間とも話をする機会が出来たんですが、「独学」という言葉になかなかポチの演奏を理解してもらえず、せっかくだから一曲ネット上にUPしてみようと思ったのが、ポチヴァイオリンのきっかけでした。
そしてその記念すべき最初の曲が「タイスの瞑想曲」
これが意外にも受けて、いろいろUPするきっかけになりました。

所詮、独学で学んだヴァイオリン(学んだという風に言えるのかどうか)なので、音程、弾き方などきちんと基礎から習っておられる方々の足元にも及びませんが、今までうちの中だけで弾いていたヴァイオリンをたくさんの方に聴いて頂けるようになっただけでもとても嬉しく思っています。

また、ヴァイオリンの友達も増えて、今まで叶うなんて思ってもいなかったアンアンブルやオフ会へのお誘い、また様々なイベントなどに招いて頂いたりと、いろいろな場所で弾く機会が増えて本当に楽しいです。

最近は「第九」より「ヴァイオリン」の方がメインになりつつあるようです(笑)

ホントは習いに行きたかったんだけどなぁ…
ポチのヴァイオリン演奏歴 2004.11.28 
京料理「京都ぎをんかくれ お客様感謝フェア」に招かれて、イベントの出し物としてポチが演奏。ものすごい緊張しました。

<曲目>
マスネ作曲「タイスの瞑想曲」


2005.4.6
友人の企画で、ポチの春宵コンサートを港区の「カフェ・デ・ノエル」にて開催しました。何と言っても人前での演奏はとても緊張するものですが、最後に大きな花束まで頂き演奏者本人が感動してしまいました。ヴァイオリンを続けていて良かった〜
<曲目>
1.クライスラー作曲「ベートーヴェンの主題によるロンディーノ」
2.クライスラー作曲「愛の悲しみ」
3.マスネ作曲「タイスの瞑想曲」
4.ヘンデル作曲「ブーレ」
5.クライスラー作曲「美しきロスマリン」
6.ドヴォルザーク作曲「ユモレスク」

2008.6.15
ネット音楽友達のHN師匠さんとのデュオ
しまりすミュージックホールにて一般募集コンサートに参加してきました。
<曲目>
モーツァルト作曲「ヴァイオリンとヴィオラの為の二重奏曲ト長調」

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー